体うるおう無農薬水だし「バイオ茶」*バイオ茶の宮崎上水園



我が家の陸上競技をやっている子どもが愛飲しているお茶です。
「バイオ茶」ってなんか変な名前ですよね。笑
バイオリズムのバイオ茶だそうです。
バイオテクノロジーとかのバイオではないです。

ちょっとあやしそうな気持ちでしたが、
まさかこんなにうちの子がハマるとは!

スーッと体に入っていく感じは
水とお茶の間 ?

スポーツ用のバイオ茶もありますが、
うちの子どもいわく
「これが一番美味しい」


運動時の水分補給として、
世界で活躍するトップアスリートから子どもたちの部活動まで、
バイオ茶はスポーツドリンクとしても愛飲されています。

「おなかがたぽたぽしない」、「運動後の回復が早い」、
「すっきりと口当たりがよく飲みやすい」と評判を呼び、
現在では、スポーツ界のスタンダードとして
宮崎県でスポーツをやっている人の中では知らない人がいないほど!?


2004年、宮崎陸上競技協会公式飲料に認定。陸上界から広まり、
今ではあらゆるジャンルのスポーツ選手からご愛飲いただいています。
30分ほどで水出しできるのでグラウンドやジム、トレッキングのお供にも便利。
トップアスリートはもちろん、育ち盛りの子どもたちからご年配の方まで、
幅広くお楽しみいただけます。

うちの家ではこの飲んだ後の葉っぱを
お風呂に入れて使ったり

佃煮(カツオかお雑魚を一緒に、、が美味しいです)
にして食べたりしています。

お風呂に入れると先に入った人の汗や匂いなどを消して
爽やかに入れます。。。。笑


30分で飲めるので、夏の朝、
助かっています。





*30袋入り
1袋で 500ml〜1000ml入れられます。
*1つだけのご注文はレターパックプラスで。
*このお茶は 2019年アカデミー賞授賞式の後のパーティでふるまわれました。



バイオ茶の宮崎上水園

宮崎県の南部、上水園がある三股町は、
優美な霧島連山をバックにした、
広大な盆地でお茶の栽培に適しています。
明治29年、初代 上水早助が茶業を志して以来、120余年にわたり、お茶づくりをつづけています。

バイオ茶とは、、、、
農薬や化学肥料は使わず、
太陽の光、水といった自然のエネルギーを最大限に生かした
独自の栽培法と加工法によって、
1986(昭和61)年、バイオ茶は誕生しました。

雑貨店おやつの子どもは、
このお茶を愛飲しています。

そしてこれで作った粉末は、
うちの家庭ではおやつづくりに欠かせません。
  • 1,620円(税120円)